シナモンガールは木製の夢を見る

県の無能役人出て来い(大激怒)

昨日だか一昨日の新聞記事を見て大激怒。
秋田県内の外国人留学生を三倍に増やして、彼等に県の公務員官舎の空き部屋を安く提供するそうだ。秋田の大学で勉強しようと県外からわざわざ来てくれた日本人の若者はそれをどう思う?日本の税金は、これからの日本を担う若者の為に使うべきだろう。ふざけんな、クズ役人。税金から補填してまで、秋田-某国間の定期便を繋いでおこうなどもっての他。

国民の教育もままならず、何がグローバルだ。この時代にあってさえ、どこの国においても他国への渡航をある程度制限すべきだと僕は思っている。

この記事、こんな調子であるから、ついでに教育機関へも噛み付いておく。秋田と沖縄の教師を交互派遣なんて、何の冗談だ。日の丸ひきずり降ろしたり、君が代に反対して大暴れする沖縄の左翼教師でも連れてくる気か?身元、素行のきっちりした者だけ秋田に連れて来ることだ。できればやめておけ。これも税金の無駄使い。

全国学力テスト。各市町村、各自治体の教育格差がはっきりわかるから、県教育関係者は公開反対であるという。頭丸めて出直して来い。これだけは寺田君GJ。圧力ばんばんかけて全公開してほしい。

藤原正彦曰く、日本にはエリート教育がない。

これくらやって、やっとまもとな地方政策↓

秋田県で勉強のできる子供たちに、秋田大学と秋田県立大学を上手に使ってエリート教育を行う。詰め込み試験勉強用の秀才はいらない。毎年、東大、京大あたりに、十人ずつ送り込み、授業料生活費など全額県が負担する。奨学金(あれはただのローンだ)ではない。幕末の武士の海外視察と同じだと考えてもらう。
1:必ず秋田に戻ってくること
2:その頭脳と才能を秋田の未来へと役立てること
3:選挙民に媚を売らない政治家を輩出すること
4:他にもいっぱいあるが略

勉強がつまらないのは目的がないからだ。
一日何時間もTVを見ていたら、普通の人間も馬鹿になる。

教育ほど大事なものはない。夜に親を学校に集めて教育しろ。
平成二十年は諸外国に喰われていた幕末と同じ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する