FC2ブログ
 

シナモンガールは木製の夢を見る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RENAの試合が一番の楽しみ

先日のRIZINにおけるRENAの虐殺ショー
この動画は4分ジャストから御覧ください。

可愛いヴァンダレイ・シウバみたいになっています。

スポンサーサイト

タウンページ

新しいタウンページでの変更あります。
古着商(今更だが、分類間違っていたのかな・・・・・)、雑貨商の分類から、古物商、骨董の方に引っ越しました。
ついでながら、ファクシミリも外します。時代は変わった。

そのうち、宣伝用のホームページも作成すると思います。

徐々にではありますが、秋田県及び本荘由利の資料が増えてきました。戦後のものはほぼ無視。
LPレコードの仕分けが大変。高額商品も結構あるので。
大量の絵本も売り始めたいのだが、ちょっと手が付けられません。

さらばじゃないよ、ワッショイだよ

台風の後は暖かい。
低気圧には体調不良、いわゆる気圧病、気象病です。
重いんですよね、身体が。
今は気圧が高めのせいか、ぴんぴんしています。

エンケンの訃報には泣いた。
音楽的ダメージがありすぎて、エンケンのCDはまだ聴けない。

ああ、と思い、たった今、曽我部恵一のツイートを見てみたら、また泣けてきた。
泣いちゃいられねえよな。
ワッショイ
「甘ったれんなよ!」

アンジェロ・バダラメンティの12番目の夢

ツインピークス the retuenにおける、最高のトラックがこれ。
バダラメンティの音楽はどうしてこうも響くのか。

ジャケットなんとかしようよ

リアム・ギャラガーのファースト・ソロアルバムが到着。
マスターピースとまではいかないけれど、佳作なのは間違いない。
シナモンガールの音楽仲間に勧められます。
ドラム、結構いいんじゃないのかな。

そろそろ、オアシスってなんだ?という若者もでてきたと思います。

『ディフィニットリー・メイビー』ファーストアルバム:買いなさい
『ホワットエバー』日本編集ミニアルバム:オアシスのピーク
オリジナルメンバーでの製作はここまで

『モーニング・グローリー』セカントアルバム:世間的には最高傑作扱い。90年代のマスターピース。

三枚目以降はどうでもいいです。僕が考えるオアシスのクオリティはどこにもありません。
あんなものを発売ごとに傑作扱いし続ける音楽雑誌に嫌気がさし、購入をばっさりやめる原因にもなりました。

図書館に行こう

これだけカダーレに近いのに、夏が終わったら、足が遠のく。
良いソファがあれば、更に良い。
熱いお茶を飲めれば尚良い。
どうする。
仕事をほったらかして行ってみようか?

またまた月イチ小売りの構想

レコード売れ売れ売っていないのかと、通りすがりのお客様、コレクター諸氏から、お問い合わせ殺到。
春から検討していた月イチの小売りは流れてしまいました。

開催できるとすれば次の四月から。
来年のカレンダーを試しに開いてみる。
4月14日(土) 21日(土) 22日(日)
上記の中でスケジュールが合うか、というところでしょうか。
店の中全体を開放、販売とはいきませんので(物理的に)。

今まで同様、リサイクルショップ値段でもなければ、オークション値段でもなければ、中古レコード屋値段でもない、比較的特殊なプライス設定になります。

どちみち、江戸から昭和のものだけを扱います

@レコード盤
@80年代までの漫画雑誌、諸雑誌
@本荘由利を中心とした戦前のみの郷土資料

国体終了

国体が終わっています。
昨年はうちの道場の選手が二人出場し、成年女子近的で優勝。
今年は成年男子近的で準優勝のメンバーに一人(隣の道場からも一人)。
市内の高校生が一人入っている少年女子は遠的で優勝。

良いことに成績がインフレしています。

仲間が勝つと本当にうれしいものです。
諸事情により、弓道場に行っても、自分で引く時間がない。

そのまんまピチカート

60Sギャルのダンス、ギターリフ、そのまんまピチカートファイヴだな。
やはりビートルズは偉大だ。小西君も野宮さんも同様に偉い。

満月の夜にウィルベリー兄弟と歌うこと

昨日は、朝からトム・ペティの報が入り、どうにも元気が出なかった。

トラベリング・ウィルベリーズの時系列は以下の通り
勿論、すべて、ジェフ・リンがらみのプロデュース

1987 ジョージ・ハリスン『クラウド・ナイン』
1988 トラベリング ウィル ベリーズ『ヴォリュームワン』
1989 ロイ・オービソン『ミステリー・ガール』
1989 トム・ペティ『フル・ムーン・フィーヴァー』
1990 トラベリング ウィル ベリーズ『ヴォリュームスリー』

クラウドナインは情報がないまま、移転前の渋谷タワーレコードで買いました。ジャケが格好いいということで、UKアナログ盤を。
CDではなく大正解。音が素晴らしい。いまでも宝物です。

1990ジェフ・リン『Armchair Theatr』
これだけ買えなかった。直近の課題。

さらばトム。
単なる馬鹿騒ぎなこの短いロックンロールソングでさようなら。
泣くも笑うも、音楽は続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。