FC2ブログ
 

シナモンガールは木製の夢を見る

怖いもの聴きたさ ティンマシーン編

ボウイの黒歴史、ティーンマシーンのオフィシャルコンピ動画が上がっていました。
今、耳にしたらどうなのか?

アルバムまるまるというのは、ちょっときついが、一曲単体であれば、意外に大丈夫。
駄作から数十年後に大傑作に変わった(?)「レッツ・ダンス」の件もある。

スポンサーサイト



ロック偉人伝 リトル・リチャード

ポール・マッカートニーが歌う「ロング・トール・サリー/のっぽのサリー」を、初期ロックンロール・ビートルズの代表曲だと思っている。オリジナルのリトル・リチャード、これまた素晴らしい。
とにかく、どの曲も叫ぶ、怒鳴る、わめく。

ピアノを弾く、陽気な向井秀徳と思ってもらえればよろし。

瞬時にハイテンションになる必要に迫られるための音楽でもある。
ファーストとセカンドアルバム以外は大したことないので、無難にベストアルバムを購入してください。
寝る前は聴かないでね。

怒ったら負け

今頃気が付いた、ぼんくらな僕です
どっちの曲も最高





再掲 脇田もなりと、金字塔「真夜中のドア」  

現代のシティポップの大名曲 IN THE CITY
日本が誇るマスターピース 松原みき「真夜中のドア」
続けてどうぞ




地味に数人から楽しみと言われる、音楽リスト

ここ最近のドライヴミュージックです。
最長、往路3時間50分、復路4時間30分なんてのもあります。

順不同

TWIN PEAKS THE RETURN オリジナルサウンドトラック(二種類ありますが、アンジェロ・バダラメンディの方)
CAPSULE『PLAYER』
CAPSULE『capsule rmx』
CAPSULE『MORE! MORE! MORE!』
チェット・ベイカー『レッツ・ゲット・ロスト オリジナルサウンドトラック』
小沢健二『LIFE』
小沢健二『犬は吠えるがキャラバンは進む』
モノクロームセット『Eligible Bachelors デラックスエディション』
シュガーベイブ『ソングス』
小島麻由美『路上』