FC2ブログ
 

シナモンガールは木製の夢を見る

試合してきました。試合してきます。

4月の春季全県大会、観桜射会、6月の東北大会と欠場。
5月の酒田大会、6月の寒河江でのさくらんぼ大会は出場。
土曜日は仁賀保の射会に出場。5月の仁賀保の射会にも出たな・・・

ここしばらく、戦績はさっぱりのさっぱりのさっぱり。
間違って遠近競射に残っても、的に当てたためしがない。

つい、一昨日、思いついた。
力を入れるお腹の位置が間違っていた。
ふふーん。ベルリンの壁が崩れ落ちる前から間違っていた。

丹田の位置はおおよそ知っている。もちろん。
しかしながら、弓を引くと、ずっと上に意識が行く(息は上がるに決まっている)。
どうしてだろう?下手で、しかも身体能力が低すぎるからなんだろうと認識していたが。

それを踏まえた上で、21日の県大会に出場。
選挙日のせいか、出場者数が、激減。
どのみち、八本射って、皆中、7中せんといかんので、今の僕には無理。

スポンサーサイト



令和一本目

後から気がついたのだが、令和一本目は本日の練習で放たれた。
ええ、真ん中近くに当たりましたよ。
ここ五年くらい、まともな矢数をかけられなかったが、今年はちょと違う。
当てます。

スプーン曲げと弓道

youtubeで、スプーン曲げの講義を見ていたら、語り手が、「支点 力点 作用点」と言い出した。
よくよく話を聞いていたら、これ、弓の引き方と同じこと言っているんじゃないの?と。
大三から矢を引っ張ってくるのは、まんまスプーンを曲げる動作と一緒!
詳しく書くと、勿論細部は違うが。

それはそうと、午後に練習始め。
諸事情で8射しか引けなんだが、7本入れた。年明けの一本目を入れたのが気持ち良い。

帯しめないと的中が上がる。
いくらゆるめても、帯を巻くと的中は二割、三割、余裕で下がる。試合後、二日、三日は腰がますます痛くなる。
試合に胴着袴は拷問だ。

国体終了

国体が終わっています。
昨年はうちの道場の選手が二人出場し、成年女子近的で優勝。
今年は成年男子近的で準優勝のメンバーに一人(隣の道場からも一人)。
市内の高校生が一人入っている少年女子は遠的で優勝。

良いことに成績がインフレしています。

仲間が勝つと本当にうれしいものです。
諸事情により、弓道場に行っても、自分で引く時間がない。

12月まで試合がない

先日、東北国体(国体本選への予選)が行われ、秋田は、成年男子と少年男子の出場が決まった。

うちの道場の若い選手も初出場決定。

8月の射会には出られるか出られないか。
9月の射会と大会はすべて欠場(困ったもんだ)。
12月の射会と大会はなんとかなるかな。
間が空きすぎて、集中できない。

数日前は時間やりくりして、今月初めて(だと思う)引いた。
8射を4回。2中、6中、6中、7中
外れる時はからっきし。
試合では最初の2中が出るものです。
次の試合は、もうちょっと当てますよ。