シナモンガールは木製の夢を見る

12月まで試合がない

先日、東北国体(国体本選への予選)が行われ、秋田は、成年男子と少年男子の出場が決まった。

うちの道場の若い選手も初出場決定。

8月の射会には出られるか出られないか。
9月の射会と大会はすべて欠場(困ったもんだ)。
12月の射会と大会はなんとかなるかな。
間が空きすぎて、集中できない。

数日前は時間やりくりして、今月初めて(だと思う)引いた。
8射を4回。2中、6中、6中、7中
外れる時はからっきし。
試合では最初の2中が出るものです。
次の試合は、もうちょっと当てますよ。

スポンサーサイト

先祖返り射法

昨日の水曜定期練習で、高校の後輩に指導してもらったら、まんま先祖返りの射になった。
「これでいいの?」
「yes」

うちの道場のそばから打製石器を発掘して、クルミを割っているようなものである。
肩の調子が良いならば続けてみるぞ。

負けた

昨日もひどい外し方をして気分が悪い。
しばらく前から肩の可動範囲が狭くて、まずいなあとぼやいていた。
夏の県民体育大会は本当に相性が悪すぎる。

25の日曜日は寒河江まで出向いて、さくらんぼ弓道大会。三年ぶりくらいの参加だろうか。
26日はせり
27日は山のように発送
28日はせり
29日は移動日
30日は仲間と遠出してせり

おとといも良い紙ものを競り落としました。高かったけれど・・・

やっとなんとか

年末、年始の射会、4月の観桜射会、春季全県大会と、ひとつも入賞がなく、いつもながらひどい成績だったが、酒田の招待試合でやっと勝った。優勝といっても団体戦なんですけどね。
最後は12射11中でトップを逆転した。
10本入れたら同中くらいだろうと言ったので、僕の言うことは正しかった。

昨年は準優勝で釈然としなかったものです。

来月は一か月前倒しの県民体育大会(出場できるか検討中)と、寒河江で行われるさくらんぼ大会(大規模な個人戦のみのオープン大会)。

試合予定の栞

4月は春季全県大会とうちの道場での観桜社会がある。
5月は酒田での招待試合
6月は弘前で東北大会と県民体育大会
7月はなし
8月は道場での射会
9月は中規模の全県大会があるが日程上、出られない
10月 11月が試合なし
12月は秋季全県大会(僕個人の感覚ではこれでシーズン終了)と地区対抗戦

ここ二年、まるで練習できなかったので、反省しきり。
うちの道場は、褒められたり自慢できるような戦績を上げようがない。
大変なもんですが、それが丁度よい気もする。